ちょっとした心がけとケアでたるみ改善

これでずいぶんと改善されました!

目の下たるみ 鏡

 

30歳を過ぎた頃から目の下のたるみが気になるようになりました。

 

加齢のため仕方ないかとも思ったのですが、これ以上酷くならないようにとケアすることを決めました。

 

20代の頃は特別な目元ケアをしてこなかったのですが、30代になったことですし、人生で初めてアイクリームを購入したのです。

 

普段使っているスキンケアアイテムよりもランクを上げ、アンチエイジングに力を注いでいるブランドのものを選びました。

 

それを毎日のスキンケアの最後に、目の下のたるみ部分に優しく塗り、余裕があるときはスチームを当てたりホットタオルを当てて、浸透力を強化させました。

 

それと同時に日々の行動も見直したのです。私はあらゆる場面でよく目を擦ってしまうのですが、その摩擦がシワやたるみの原因となると知り、なるべく擦らないように心がけました。

 

いつも濃いめのアイメイクをしっかりも落とすために、クレンジングを馴染ませるときに力が入ってしまっていたので、それもやらないように気を付けました。

 

メイクをしっかり落とせていないと色素沈着してしまうので、アイメイクはコットンと綿棒を使って、専用のクレンジングで優しくオフしています。

 

たるみには血行を良くすることが大切なので、目の下のたるみ部分を指の腹でタップしてマッサージもしています。これはいつでもどこにいても出来るので、隙間時間に行うようにしています。

 

また乾燥も良くないので外出中でもマメに、目元の保湿をするように心がけています。このときに使うのは伸びが良くて軽いつけ心地のクリームです。

 

小さな容器に入れてポーチの中に入れて持ち運んでいます。

 

それをなるべく乾燥が気になる前に目元に塗るようにしています。

 

これらのことをしていたら、最近目の下のたるみがずいぶんと目立たなくなってきたと感じています。

 

どれも既に習慣になっているので、これからも引き続きケアをしていきたいです。